2007年08月01日

ビジネス英語を強化する、NHKラジオビジネス英会話―海外勤務・大滝怜治編

現在、僕が会社で英語研修の教材として使っているもの。

NHKラジオ「ビジネス英会話」の2002年度放送分から、洗練されたボキャブラリーと経済・社会動向が満載の全26レッスンを紹介。

ニューヨークのPR会社を舞台に、国際ビジネスの現場での生きた英語が学べる一冊。


この教材の優れた点は適度なスピード(と言っても、初心者には速い!と感じるが)と、適切な単語、イディオムが使われている点と、そして何よりも内容(ストーリー)が興味深い、という3点だ。

ヘッドハンターからの電話で始まる、このシリーズは大阪の製薬会社に勤めている大滝怜治がヘッドハンティングされ、アメリカの広告代理店に転職するという話になっている。

社内の受講生にも評判は良い。(もっとも僕が今、勤務している会社がCROだから、という点もあるが。)

とにかく、内容といい、会話のスピードといい、とても刺激になるようだ。

この教材を使い始めて、あらたに英語の勉強を再開したいという人が僕のところに何人が相談にきたぐらいだ。


NHKラジオビジネス英会話―海外勤務・大滝怜治編 (海外勤務・大滝怜治編) (NHK CD Book)






【英語に強くなる】

ビジネス英語の達人・堪能者になるためのページ

英語の勉強方法&TOEIC攻略法

英語の達人になるブログ

posted by ホーライ at 07:15| Comment(48) | TrackBack(9) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

英会話入門:新1000時間ヒアリングマラソン

僕が外資系の製薬会社で働いていた時、ボスはフランス人。
彼との会話は全て英語(フランス語で話さなくてもいいのはよかったけれどね)。

この時に思ったのは、相手が何を言っているか分からないと会話にならないのだ。
当然と言えば当然なのだが。

英会話の基本フレーズや英熟語、イディオムをいくら暗記していても、相手が何を言っているのか、何を質問しているのかが分からないと、全然役に立たない。

そこで、試してみたのが、このアルクのヒアリングマラソンだ。

海外で働いているならまだしも、日本国内で英語のフレーズを耳で理解するためには、とにかくネイティブのナチュラルスピードの英語をシャワーのように浴びないと駄目。
もちろん、ただ浴びているだけでは駄目で、その英語に出てくる重要でキーになる単語やフレーズを調べ、暗記することが必要。

そのような努力の甲斐があって、海外への出張も、なんとかこなせるようになった。

このヒアリングマラソンの特徴は毎月、映画やニュースなどというようにバラエティ豊かな英語を聞けること。
そのため、まず飽きない(これが一番重要!)。

そして、いろんなタイプの英語を聞くことで、応用がきくようになる、ということです。

このヒアリングマラソンの受講開始のレベルの目安は英検2級かTOEIC 550点以上くらい。

とにかく「継続こそ力」であることを実感した1年間でした。


新1000時間ヒアリングマラソン






【英語に強くなる】

ビジネス英語の達人・堪能者になるためのページ

英語の勉強方法&TOEIC攻略法


posted by ホーライ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

超効率的 TOEIC TESTリスニング出るとこだけ!

直前5日間で100点伸ばす20の鉄則

「リスニング力は直前では上がらないから……」と、あきらめていませんか? 

TOEICのリスニング問題で肝心なのは、解答に必要なポイントを待ち構えて聞く「攻め」の姿勢。

それさえ身につければ短期間での得点アップも十分可能です。

本書は、頻出パターンとそれを解くための「鉄則」20を厳選。

受験者が解答のタイミングを「支配」するテクニックや頻出表現をわずか5日間で習得します。

「リスニングは苦手、時間もない、でもスコアを上げたい!」という人にピッタリの1冊。


本書で達成できること。

1. スコアを確実に上げる「鉄則20」を5日間で習得
2. リスニング問題の出題傾向が分かる
3. スコアに大きな差がつく「時間の使い方」をマスター
4. 引っ掛け問題に迷わなくなる
5. TOEICによく出る単語・質問文が覚えられる


TOEIC TESTのリスニング問題は、出題ポイントさえ押さえておけば、簡単に解けるのです。

直前5日間で100点伸ばす20の鉄則を押さえよう!


TOEIC testリスニング出るとこだけ!




TOEIC TESTリスニング出るとこだけ!




TOEIC TESTリスニング出るとこだけ!

TOEIC TESTリスニング出るとこだけ!



無料スキル別英語学習メルマガ

ネイティブ音声つきの無料英語学習メルマガ

TOEIC攻略の世界へGo!(アマゾン)

TOEIC攻略の世界へGo!(楽天)

英語の達人になるページ

英語の達人になる方法・英語の勉強方法・TOEIC対策

TOEICリスニングで8割正答する為のちょっとしたコツ


【通信講座】Pカレッジ「TOEIC講座」


【英脳プログラム】


posted by ホーライ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発音でTOEICテストのリスニングを攻略する

本書の目標は、TOEICのリスニングで高得点を取ることです。

必要な時間は1日15~30分程度、数カ月の学習でTOEICリスニングのハイスコアを目指します。


英語には43個の音がありますが、日本語に出てくるのと同じ音は数個しかありません。

知っている単語ばかりの英語でさえうまく聞き取れないのはこのためです。

自分の知らない音は、聞き取れないのです。



そこで本書では、まず最初に英語の発音を練習します。

1枚目のCDに収録された「発音バイエル」で、毎日10分・1カ月程度、スポーツの基礎練習のように繰り返し練習してください。

すると、英語の音がかなりクリアに耳に入るようになってくるのが実感できます。



2枚目のCDには、著者の提唱する音読練習メソッド「Parrot's Law」に準拠した練習音声が収録されています。

これを使って繰り返し音読やシャドウイングすることで、より実践的な発音とリスニング力が身につきます。

音読素材にはTOEIC形式の英文を使用しているので、TOEICにも慣れることができて一石二鳥です。



そして、本番形式のTOEICリスニング実戦問題も2回分収録しています。

もちろん、2006年5月からはじまる新TOEICに完全対応です。


新TOEICでは、アメリカ英語に加えて、イギリス、カナダ、オーストラリア英語の発音が使われるのですが、本書の実戦問題もこの形式です。

しかも、解答ページにはどの国のナレーターが発音しているかを明記してあるので、それぞれの国の発音を意識して練習することが可能です。


現在の英語力はまったく問いません。

発音は初級のうちにやっておくとその後の英語学習の効率がよくなります。

また中上級者で伸び悩んでいる人にも絶大な効果があります。

すべての英語学習者に、自信を持っておすすめできる1冊です。


闘耳(とーみみ)




闘耳 発音でTOEICテストのリスニングを攻略する




闘耳

闘耳


無料スキル別英語学習メルマガ

ネイティブ音声つきの無料英語学習メルマガ

TOEIC攻略の世界へGo!(アマゾン)

TOEIC攻略の世界へGo!(楽天)

英語の達人になるページ
posted by ホーライ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(1) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。